忍者ブログ
ADMINWRITE
このブログはいつも小説メインでやってる香芝の日記のみブログです。主に部活?かな?
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吹奏楽部には、二人、部活にこれない子がいる。
一人は、学校にも来てない。
でももう一人は。

一年間、一緒にがんばってきた子。

学校にも来てる。
でも、部活にこれない。

「そこできてないから、もうちょっと練習してね。」

パートリーダーの、その一言。
ちょっと違うかもしれないけど、いわゆる“指摘”。
パートリーダーは優しく言ったのに。

予想以上に、脆くて、壊れて。

なんとかして、来させてあげたい。
だって、普通に付き合ってれば、涙が出るくらい。
そのくらい。

いい人たち、ばっかりだから。

言いたいことははっきり言う。
でも陰口は絶対言わない。そのルール。
普通だったらスルーされるそのルール。
みんな、忠実に守って。
みんな、仲間を信じて。
指摘もできるようになったから。

それが辛いなら、しょうがないけど、
でも、対処の仕方はいくらでもあるのに。

来てくれれば、の、話だけど。


私も四年生のころから、少しでもシカトされたり、
悪口言われたり。
そのたびに一日置きに学校休んじゃったりとかしたけど。
でも。
いじめじゃ、ないのに。

なんでこられなくなるの?

まぁ、人それぞれなんだけど。
不思議でしょうがない。
不登校(部?)の子を責める気はないけど。

来れば絶対、楽しいからさ。

救ってあげたいけど。

ボールは今、向こう側。
PR
ピッチ高かったなぁ・・・。



ソロ吹くのに。



副部長がこんなんじゃ、みんな良くなるはずがない。
どうすれば上手くなるんだろう?
がむしゃらに吹いてたって上手くならないんだ。
きっと、もっと、思わなきゃ。
上手くなろう、って。

みんなの音、どうすればきれいになるんだろう・・・。


誰か、教えてくれないかなぁ・・・。
今日ちょっとした、発表会があった。
気合入れていこうと、思ったのに。

今家でビデオ見ながら、つくづく

「キレがないっっ!」

怒鳴ってみても仕方ない。
ピッチもあってないし、キレがないし、
そしてなんとも、音楽が楽しくない。
これお客さんつまんないな、とか思いながら吹くけど。

自分で思ってちゃぁ、なおさらつまらない。

上手い人なんかいない。
もちろん、自分も上手くない。

音は平気で間違えるし、ピッチはずれずれだし、
周りの音気にしないし。
ホント、下手だな、吹奏楽。
でも今日はホントにひどかった。

つまんない、演奏。


私たちの目標は、仲良し吹奏楽部ー、じゃなくて。

上の大会に進む、なのに。


自覚が、足りないや。まだまだ。

先生に、親に、申し訳ないね。








~~~コメ返~~~~

サナ>>>来てくれてありがとうね!
     いやいや私はさぁ、色んなところでサナに
     めちゃくちゃ助けられてるからさ。
     こんなにだらしない副部長で、ごめんね。
     アクト戻ってこようよ? 
     ―――・・・そんなん、当たり前じゃん?
仲直りできるかなぁって、思ってた自分が、バカだったのかも。

「もう林檎ちゃんとは、話ができない。」


「私、怖いです、先生。」


そういったのは、私をいじめてた人だった。
なんで?話ができないのはこっちだよ。
怖いのは、こっちだよ。
・・・でもがんばったのに。
なんで?

「もう林檎ちゃんと口きけない!だって何されるかわからないもん!
また暴力振るわれたら・・・。先生っ!」

「私がどれだけ泣いたと思ってるんですか、先生!」

「いじめられてたのは、私です!!」

それ全部、私の言う言葉でしょう?
呆れて、涙もでなかった。いや、呆れたんじゃない。
悲しすぎて、泣くこともできなかった。
そういういじめた方は先生の胸の中でおんおんと泣き叫んでいて。
私は何がなんだかわからなくて。

「うちの子はいじめなんかするような子じゃありません!」

違うよ、私現にいじめられてたの。
あなたの家の子に。

「責めるなら、林檎ちゃんを責めてください!!」

なんでよ。
たくさん泣いたのに。
なんでよ。

「林檎。謝りなさい。」

「先生・・・。なんでっ・・・。」

「いいから。謝りなさい。」





「ごめん。なさい・・・・。」





死のうかな、とか思った。
シカトされたり、体育倉庫に閉じ込められたり、トイレに閉じ込められたり、悪口言われたり。そんなことよりも。


その瞬間が。一番、悲しかった。

「ねぇねぇ、林檎って、四年生のときいじめっ子だったんでしょ?」

今でもそう問われるのが、キツイ。
そんなの知りもしないでねぇ?


学級委員長?
昔の話だよ?
うん。だって小学四年生のころのことだよ?
今は、中学三年生だよ?

それでも。割り切れない思い。

いじめられてた人と、同じクラス。
それって、みんな、経験したことある?
・・・表向きには、私がいじめたことになってるんだけどね。

溯ること、五年前。
一年生のころから、とっても仲が良かった女の子。
もちろん、その年も仲が良かった。
――・・・二学期までは。

「ねぇねぇ、何してるの?」
当時は仲良し四人組だった。
三人で一緒にいたから、私がそう話しかけた。
自然のこと。だよね?
でも返事がないから。
「ねぇねぇ、何してるの?」
まだ。返事がないから。
「ねぇってば!」
・・・まだ。返事がないの。
声を張り上げたつもりだったのに。
あぁ、私の声って、聞こえないんだな、って思ったよ。

それから日に日に壊れていって。
暴力を振ってしまうこともあって。
でも何も話してくれなくて。
シャワーを浴びて、一人で隠れて、泣いた。

「私、いじめられてるんです。無視されてるんです。先生。」
先生のこと、とっても信頼してたから。
いえたんだろうね。
先生はすぐに、「三人で話そう」って言ってくれた。
――・・・そして仲直りしようって。
そうなると、思ったんだ。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 節子]
[10/11 村木]
[09/30 村木]
[07/30 Skyblue]
[07/22 Skyblue]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
香芝林檎
性別:
女性
職業:
中学生
趣味:
音楽、読書 etc...
自己紹介:
いつもは無駄に笑ってるくせに。
心底ネガティブでごめんなさいな性格。
バーコード
ブログ内検索

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ もう一つの,赤。 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]